目立つ!デザイン製作事例

医院・薬局・クリニック、助産院の看板製作実績

早良区/医院(内科)/干隈すみれ内科クリニック

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のご紹介する店舗様は【干隈すみれ内科クリニック】様です。

鹿野内科医院という院名から、干隈すみれ内科クリニックに変わる際の看板の意匠変更工事で、今回、設置場所を含むところから、ご提案をさせて頂きました。

【施工前の外観】がこちらです。

白の塗装が施されたばかりの壁面で、まだ何もない状態です。この段階でサイン設置をどのようにするか、先方様と計画を立てていきました。自立看板を敷地内の建てる等いろいろ案がありましたが、最終的には、壁面に立体文字を設置する事になりました。詳しくは、ステンレス製の箱文字で表面と側面に塗装がしてあります。

【施工中】


高所作業車を使っての工事となります。

【施工後】

マークと院名の箱文字です。看板の厚みは20mm程度です。今回は2箇所(2面)に設置しました。周りの道路からの視認性と来る患者さんの導線を考慮して、設置面と位置が決まりました。先程言いました、自立看板の設置計画もありましたが、壁面を有効的に使う事で、各方向からクリニックがわかるようになりました。自立看板はインパクトがありますが、入り組んだ道路事情では効果を発揮しない場合があります。

続いてはクリニックの入口周りの看板です。

【施工前】

写真右に入口の自動扉があります。その横にある壁面に設置しました。

【施工後】

マークは実は、丸い透明アクリル板に紫色のシートが貼ってあります。それを壁面から浮かせて設置してあります。下の楕円形はステンレスの板にシートを貼って、これもまた壁面から浮かせて設置してあります。住宅でいうところの表札に値する看板で、館銘板と呼んだりします。

 

続いては、院内の受付の後ろの看板になります。

【施工前】

私共は、カウンターバックサインと呼んでおり、受付空間を彩るオシャレな看板としてのイメージがあります。

【施工後】

その場所に関しては、外壁とは違う色が採用されました。

素材自体が真鍮で、特殊な表面加工が施されています。少し古風なニュアンスの加工です。

ゴールドですが、ピカピカはしていません。取付る為に、タイル面に小さな穴を空けて、文字やマークを

一つずつ取り付けていく訳ですが、その穴開けが大変な作業になります。専用の穴あけドリルを使って

ゆっくり時間をかけて、タイルが割れないように工事します。

以上、今回は文字取付の多い工事でしたが、今は技術や工具が進化しており、取付られない壁はほとんど無いと思います。これからもお客様が取付したい場所に設置できるよう頑張っていきます。

今回ご紹介したお店の情報

医院名:干隈すみれ内科クリニック
所在地:福岡県福岡市早良区干隈

 

繁盛看板日記

屋外広告にまつわる申請・許可

今回は看板にまつわる行政に出す申請・許可をまとめてご紹介したいと思います。

看板を出す際に必要になるかもしれない申請・許可は大まかに3つあります。

①屋外広告物許可(申請)

②道路占用許可(申請)

③工作物確認申請

それぞれに出さなくてはならない場合と出さなくても良い場合がありますのでそれぞれ説明いたします。

その他弊社でもあまり出すことはないですが

・防火地域内に設置するとき:看板等の防火措置

・地区計画区域内で届け出対象となるとき:行為の届出

・アドバルーンを設置するとき:水素ガスを充てんする気球の設置届出

・ネオン管設備を設置するとき:ネオン管設備設置届出

・風致地区域内に設置するとき:風致地区内許可申請書

等があり、自治体によっても違う場合があります。

【屋外広告物許可申請】

屋外広告物というのが(屋外に設置する)看板のことです。各自治体が条例に基づいて許可基準を設けております。福岡市の場合だと合計の面積が10㎡以上の場合だと許可申請を出す必要があります(禁止地域以外)。計画段階(施工に入る前)に市に対して事前相談をして許可申請を出します、許可がおりてから工事が可能になります。

京都市や奈良市は基準がとても厳しく注意が必要です。色に関する規制や高さ、面積等が地域ごとにがちがちの基準があります。福岡市でも景観形成地区として百道周辺やアイランドシティ、御供所町などで厳しい規制が入っています。

基準を守っていない看板は違反広告物となり行政から是正の指導が入ります。従わない場合は罰金や罰則があります。せっかく付けたものが違反広告物だと悲しいですよね…

工事業者も「屋外広告業の登録」をしてないとその地域で工事をしてはいけません。弊社も工事をする自治体にはすべて業者登録をしています。業者に依頼して工事をする際にはぜひ確認をしてみてください。

屋外広告物許可は申請の手数料がかかり、更新のたびにお金がかかるので現状、許可申請を出していない看板も多数あります。しかし近年のコンプライアンスの遵守という世の中の流れと行政の指導で許可申請を出す割合はかなり上がってきております。

許可申請を出すか出さないかを決めるのはオーナー様なので弊社でも「出さない」といわれると出しません…が業者として必ず説明するようにしております。

許可申請を出す際に「管理者」を設置しないといけません、小さい看板等ではだれがなっても良いのですが、大きなものでは資格者でないと管理者になれない場合があります。建築士や屋外広告士の資格が必要になります。資格者のいない業者に依頼すると施工したとしても管理者になれないのでご注意ください。

すでに設置されている看板で申請を出していない場合でも、(基準を満たしていれば)許可申請を出せますので、お気軽にご相談ください。新規・継続申請の代行も行っております。

【②道路占用許可申請】

突出し看板などで道路や歩道にはみ出す場合、道路占用許可申請が必要です。工事の際に道路占用許可を警察から出してもらい、道路を管轄する行政に道路占用許可申請を出します。(国道なら国土交通省など)

こちらも屋外広告物申請と同様手数料がかかり、更新のたびに毎年手数料がかかります。この許可がおりていないと屋外広告物の申請ができない場合もあります。

【③工作物確認申請】

高さが4メートル以上の看板は工作物扱いになり、建築基準が適用されます。地盤調査から、一級建築士による強度計算、図面作成して確認申請を出します。こちらは作ってしまった後から申請は絶対にできません、もし行政から指摘があると違法建築物となり罰則を受けます。4メートルを超える場合はこの工作物確認済証がないと屋外広告物の申請ができません。

看板にもいろいろな申請が必要です。面倒ですがちゃんとしていないといけないことなので弊社でもきちんと取り組んでいきたいと思います。有資格者(屋外広告士)も何人かおりますのでお悩みなどありましたらお気軽にご相談ください。

 

はこざき公園内科医院さま 塔屋チャンネル文字サイン工事~東区~

みなさん、こんにちは。

今回はちょっと前の施工になりますが、

はこざき公園内科医院さまの塔屋に設置したチャンネル文字サインを

ご紹介いたします。

看板設置前の建物です。

 

 

 

 

 

 

 

ファサード部分に美しい陶板を配した大変立派な建物です。

このような美しい建物に看板を設置させていただくのは緊張します。

デザイン段階から素材や設置用金物は良いものを使い、

耐久性と美しさを意識して企画いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ設置です。

塔屋に設置するため、足場を設置して作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塔屋部分の裏側です。

取付金物やボルトナットまで溶融亜鉛メッキ品を使い、

耐久性と強度を高めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEDを内蔵したステンレスチャンネル文字です。

夜間は文字が浮かび上がって光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道3号線側の文字サインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物がとても大きいため、

文字サインが小さくみえてしまいますが、

都市高速松島インター入口からキラリと光って見えます!

 

お近くをお通りの際にはこのサインを探してみてください。

 

=============================

医療法人 祥知会

はこざき公園内科医院

〒813-0062

福岡市東区松島3丁目11-30

TEL:092-624-3541

http://hakozaki-park.sakura.ne.jp/index.htm

=============================

 

 

城南区/リフォーム、内装/株式会社アシスト様

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のお店は【株式会社アシスト】様です。

福岡市城南区樋井川にある内装、リフォームが専門の会社様です。

ご依頼内容は看板を含む事務所の外装装飾です。簡単に言うと

イメージアップとでも言いましょうか、、。下記の写真が施工前です。

     【施工前】

企業名の看板が正面についていない事がわかると思います。手前の1柱式袖看板(ポール看板)

も経年劣化で色が落ち古く感じます。リフォームする会社として、自社の建物がきれいでないと

いけないのでは?という事で話をもらい、サインプランを担当者様と考えていきました。

【ポールサイン改修】

初めに改修内容で上がったのはこのポールサインです。

既存と同サイズでLED内照式に交換しました。

そして次に建物正面のガラス面を目隠しや衣装シートでまとめようというものです。

【ウィンドウフィルム】

部屋の中にカーテンがあり、分かりにくいかもしれませんが白のグラデーションのフィルムを貼ってあります。ガラスの下に行くほど白く、上に行くほど透明になっていくフィルムです。次は、、

【壁面装飾シート】

リフォーム屋さんをイメージした、建物を並べたかわいい装飾です。イメージアップに一役買います。次はメインである壁面の社名看板です。

【SUS 箱文字】

箱文字は厚みがありメイン看板にぴったりです。側面(小口)の色は壁と同色にしました。

同色にする事によって文字がより壁から浮き出てくるように見えます。

【工事完了】

外壁の白と緑とオレンジの塗装もしておりよりきれいな事務所が誕生したと思います。

外壁とサインがマッチできた良い例だと言えます。外壁にも目を向けるとより建物のイメージがアップするんだな、と私も勉強になりました。

今回ご紹介したお店の情報

企業名:株式会社アシスト
所在地:福岡県福岡市城南区樋井川

 

南区 めんたいこのお店 三楽様

今回のお店はめんたいこのお店【三楽】様です。

工場の直売所の看板の改修をさせて頂きました。既存のものはサイズも壁面に対して小さく目立たなかったので大きくし、より目立つようにご提案いたしました。

             【施工前】

外壁や建物の雰囲気が工場っぽいので(実際に工場ですが)なるべく販売店舗として訴求できお客様が入りやすくなるように、商品の写真を入れ、工場直売していることが一目でわかるようにデザインも考えました。

【設置完了】

道路側に壁面の看板を新規設置し、突出し看板の面板を交換しました。

歩行者と車に対してアピールができるようになったと思います。

こちらのお店の商品です。めんたいこ本当においしそうです。

三楽様のめんたいこは素材や味にとてもこだわって作られています。「きわめんたい」という商品は食品添加物無添加で日本各地から厳選された自然素材で作られています。体に優しく子供からお年寄りの方まで安心して食べられる美味しいめんたいこ。最高です。

三楽様のホームページにて素材へのこだわりや創業者の方の思いなどが書いてあります。気になる方は是非そちらも見てみてください。

 

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:めんたいこのお店 三楽
所在地:福岡県福岡市南区警弥郷

 

屋上にペイント文字施工!福岡空港発着の飛行機から見える巨大サイン

みなさん、こんにちは。

サインエフェクトの渕上です。

 

今回は工場の屋根の上にロゴをペイントするという

サイン工事をご紹介いたします。

 

お客様はユニフォームレンタルの大手

アラマークユニフォームサービスジャパン様で

東京の本社からお問合せをいただきました。

早速、九州事業所の現場を見せていただき

現場調査とお見積りを提出いたしました。

新しくきれいな九州事業所です。

場所は福岡市博多区にあり、福岡空港発着の飛行機から

屋根がしっかり見える場所にあります!!

こちらの屋根に文字を入れていきます。

 

屋根の形状や寸法を測っています。

屋根は波板になっていますので、

上空からどのように見えるのか気になります。

 

 

こちらは、屋根の一部の模型です。

縮小した文字もいれて見え方の検証を行いました。

 

横から見てもわかりませんが

真上から見ると(飛行機からみると)

文字がはっきり読めることがわかります。

 

それでは施工です。

まずはペンキなどの資材を屋根にあげるため足場を設置します。

寸法線を入れて下書き、下地塗料を塗っていきます。

波板状の屋根で大きな文字は横から見ると読めません・・・。

文字と人の大きさを比べてください。

大きすぎて何を書いているかだんだんわからなくなってきます(笑)。

下塗りの時点で一度上空から確認しました。

色を入れていきます。

色付きの上塗りも2度塗り仕上げにして

発色と塗膜の厚さを作っていきます。

 

やっと完成いたしました!!

DCIM100MEDIADJI_0044.JPG

こちらは真上からみたところです。

 

DCIM100MEDIADJI_0050.JPG

福岡市都市高速の御笠川付近からも見ることができます。

こちらの写真はドローンで撮影しました。

こんな写真が撮れるのは本当に驚きですね!!

 

屋根上のペイントサインは耐久性を心配されることがありますが、

質の高い塗料を使い、下塗り中塗り、上塗り2度の仕上げで

丁寧に塗装を行いました。

色落ちや剥がれに対する保証もつけさせていただいております。

 

先日、出張の際に飛行機の窓から見ることができました。

大好きな福岡の街に、このようなサインを作ることができて

とてもうれしく眺めました。

街のシンボルとなるペイントサインです。

アラマークユニフォームサービスジャパン様、

このたびは誠にありがとうございました。

 

■■お客様のご紹介■■

アラマークユニフォームジャパン 九州事業所

 

ユニフォームのレンタルからクリーニング、

販売までトータルでお客様のニーズにお応えします。

====================

〒812-0863

住所:  福岡県福岡市博多区金の隈2-25-8

電話番号:092-504-0866

FAX番号:092-504-0867

====================

事業所までのアクセス

車:JR南福岡駅から 約11分 / 福岡空港から約12分/博多駅から約20分

 

 

 

博多区 リラクゼーションサロン 秀様

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のお店は【リラクゼーションサロン 秀(しゅう)】様です。

福岡市博多区上川端商店街の一角にあるマッサージ店です。

     【施工前】

賑わいのある商店街の2F部分のお店で、ガラス面に印刷を貼るウィンドウサインと2Fへの入口階段の上に取り付ける案内看板の2点をご提案させて頂きました。写真のように2F以上のガラス面に設置(貼付け)する場合は、高さがあるので、店内側から外に向けた印刷品を貼る事が多いです。業界では”内貼(うちばり)”と呼んでいます。

【設置完了】

周りのお店の看板の色やビル自体の色や他背景等を考慮してメインの色を決めていきます。

マッサージ店ですので、リラックス的な色という事もあり、今回は緑系の色に決まりました。

画像を入れ、お店のイメージをアピールしております。金額を大きく出すことで、入店しやすい効果もあると思います。この印刷品はPET素材の材料を使用しており、店内から見ると、全体的に白く、うっすら表の柄が見えます。要するに透過性があります。

続いて、案内サインです。

【施工前】

2Fへ上がる入口の上の壁面です。お店の入口といってもいいです。

【設置完了】

アルミ複合板に印刷を貼っています。先に紹介したウィンドウサインと同じようなデザインで統一感を出しました。

ちなみに例えばこのようなビルで賃貸としてお店を出される場合は上のような看板を取り付ける際は、ビルのオーナー様や管理会社様に事前に設置する要望を伝え、取り付ける為に壁にビス(ネジ)を打つ事(壁に穴が開く事)を相談する事を勧めます。時々、工事当日に事前連絡がないので、工事ができない場合があります。

今回、お店の方と最初の打合せをさせていただいてから、およそ2週間後に設置まで完了しました。その間、デザインご提案から看板制作・工事まで、足早でしたが、お客様の満足していただける物ができたと思っております。

ありがとうございました。

 

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:リラクゼーションサロン秀
所在地:福岡県福岡市博多区

 

南区 外山歯科医院様

今回のお店は【外山歯科医院】様です。

福岡市南区野多目にある歯科医院です。

              【施工前】

歯科医院の前に駐車場があり建物が道から少し入り込んでおり、車で通る場合都市高速の橋脚の陰になる為少し見えずらい位置になります。

すでに看板はついていたのですが、今回弊社にて改修工事をさせて頂きました。現状(今回の工事前)は入口のガラス部分と道路側にしか表示がない状態でしたので、入り口軒上部分への新設と道路側に設置してあった突出し看板の面板交換、その横の倉庫の扉を利用して表示を入れる、という工事をさせて頂きました。

【設置完了】

遠くからでも目立つように黄色をベースにロゴマークからデザイン提案いたしました。ガラス面もシートを貼っております。建物の外壁の落ち着いた青でしたので黄色が映えます。屋号の表示も大きくなり初めて来院される患者様でもわかりやすくなったのではないかと思います。

入口ウィンドウも出力シート輪郭カットで製作いたしました。わかりやすい表示でキャラクターも追加しております。

入口上の状態です。

建物の形状は三角だったのですが看板の上部はRにしております。夜間でも見えるようLEDスポットライトを2灯新規で設置しました。

道路側の突出し看板はアクリルの面板交換をしました。隣の倉庫にも出力シートにて装飾をしました。
扉の装飾の相乗効果でより目に入りやすくなったと思います。

 

【施工後】

外山歯科医院様は駐車場にも身障者枠、スロープが設置されており、入り口も段差がなくバリアフリーなので車いすで来院される方でも診療椅子までそのまま行けます。配慮が行き届いて素晴らしいと思いました。

 

今回のようにすでに営業されていて現状の表示に不足を感じているという場合でも改修のご提案をデザイン提案からさせて頂きます。

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:外山歯科医院
所在地:福岡県福岡市南区野多目

 

大洋サンソ様の外壁改修工事 志免町

皆さんこんにちは!
今月は福岡県志免町の老舗工業用ガス販売業の
「大洋サンソ」様の外壁改修工事をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは施工前の建物外観です。

 

 

立派な倉庫と2階がオフィスになっています。
壁面の文字がだいぶ薄くなってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段回りも経年劣化でひび割れがあります。
今回はメンテナンスもかねて
建物を塗装し、文字や看板類をとりつけて
外観の全体改修工事を行っていきます。

まずは現地調査と
仕上がりイメージデザインから入ります。

【>>デザインについてはこちら!】

今回は弊社のデザイナー、松崎が担当いたしました。
お客様のイメージを大切に、
「大洋」の美しさと広がりを感じるデザインになりました。

 

 

 

 

建物に足場がかかり、
工事が始まりました。

足場設置後 → 建物の水洗い → ひび割れなどの補修、
→ 下塗り(2回) → 上塗り(2回)
と、工事がすすみます。

 

 

 

 

塗装完了、看板設置したところです。
はっきりとしたコントラストの美しい外観になりました。
ロゴとキャラクターも鮮やかでイメージアップ!

交通量の多い交差点にあり
向かいは大きなコンビニという立地から
沢山の人に見ていただけます。

 

 

 

 

正面は大きな鉄扉があります。
トラックも入れる大きな入口です。
「大洋」をイメージしたグラフィックで仕上げました。

 

グラフィック施工中です。
グラフィックは屋外耐久性のある塩ビシートに
印刷し、特殊なラミネート加工したものを
貼りつけて仕上げます。

右側面も2色塗装に文字入れで仕上げています。

 

古さが目立った階段回りは

ひび割れ補修と防塵塗装を行いました。
玄関まわりも塗装してリフレッシュです。

入口の門扉も塗装して、
建物のメンテナンスも兼ねた
外壁改修サイン工事の完了です。

大洋サンソ様、ありがとうございました。
今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

 

 

■お客様のご紹介■

「皆さまの笑顔と感動に挑戦し続けます」という企業理念の下、
地域密着型の商社として、福岡で営業している株式会社大洋サンソ様です。

http://taiyosanso.co.jp/
ホームページはこちら!

 

中央区小笹 アンテオケ教会様

皆さん、こんにちは。 担当の小嶋です。

今回のお店はキリスト教会【アンテオケ教会】様です。

牧師であるオーナー様が弊社に訪ねてこられ、看板の打合せが始まりました。新築の教会の誘導サインと室内の

ディスプレイ用のアクリルが主な内容です。

                    誘導看板① 【施工前】

のぼり坂の一角にある擁壁(壁)です。ここに誘導サインを取付る事になりました。もちろん壁の持ち主様の許可を得ています。

【施工後】

先ず1つ目の誘導サインです。取り付ける壁の上側がどんどん狭くなっていくので、看板の形状を少し工夫しました。サイズはH700mm×W500mmで、アルミ複合板+印刷貼です。写真では見えにくいですが、コンクリート用のネジを打ってあります。

次に目につく誘導サインの設置予定位置がこちらです。

誘導看板②【施工前】

写真の擁壁の広い面に取付けます。こちらも持ち主様の許可をもらっての工事です。

【設置完了】

こちらもアルミ複合板でサイズはH910mm×W1820mmです。

先程の看板と合わせた設置後の写真が次です。

2つの看板の色を統一しているので認識しやすくなります。余談ですが、坂道に対して水平に看板を設置しようとすると、看板が斜めに見える事があります。下の写真ではわかりずらいですが、ちゃんと真っ直ぐ取付てあります。

次は教会の敷地内の入口に設置する看板です。誘導看板としてはゴール地点になります。

【工事前】

【工事後】

写真左の掲示板の側面にもシールを貼りました。

 

次は室内のディスプレイ用のアクリル板の取付けです。まずは、完成写真をご覧ください。

これは、ガラス色のアクリル板、厚み5mmを2枚重ねで壁に浮かせて取り付けてあります。

用途は2枚のアクリル板の間に写真を入れるというものです。特殊なシルバーのディスプレイ用の金具を使って

壁に固定します。

 

下の写真のように頭のネジを取って表側のアクリル板を取り外して、好きな写真を両面テープで軽く固定して、表のアクリル板を元に戻します。

 

工事完了後はオーナー様に大変喜んで頂いてとても嬉しかったです。看板を頼りに1人でも多くの方が教会まで迷わないように行くことを願います。ありがとうございました。

 

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:アンテオケ教会FUKUOKA国際宣教神学校 神学院
所在地:福岡市中央区小笹

 

1 / 3123

 

サイン・エフェクト株式会社
〒815-0075 福岡市南区長丘5丁目25-12 
TEL:092-408-7771 FAX:092-408-7772

建設業 福岡県知事(般-20)第98249号(鋼構造物工事業)
建設業 福岡県知事(般-22)第98249号(内装仕上工事業)

Copyright(c) 2010-2018 Signeffect Corporation Co.,Ltd Allright Reserved.