未分類

整骨院のシンプルで目立つ看板!

毎日暑い日が続いていますね。

皆さんお元気でお過ごしでしょうか。

 

本日は熊本県荒尾市に新規オープンされた

「なな整骨院」様のご紹介です。

 

お電話でお問合せをいただきました。

まずは看板の寸法と現地の写真を送っていただき、

メールでやり取りしながらお見積りとデザインを進めていきました。

 

こちらの店舗が新しくなります。

まだ、古い看板もついています。

 

古い看板を撤去して看板取り付け工事を始めました。

こちらは取り付け用の金物を付けているところです。

今度の看板は2階ベランダの部分いっぱいのサイズになりました。

有効部分を最大に利用して看板をつけていきます。

 

正面のファサード看板が取り付けられました。

真っ白でフチなしのデザインが、シンプルさで逆に目を引きます。

とてもすっきりした仕上がりになりました。

 

側面には整骨院と向かいのスーパーマーケット内にある

駐車場のご案内をつけました。

 

また、2階の脱毛サロンの看板も一緒に施工させていただきました。

 

正面2階の看板、1階の窓のライン及び窓ライン下半分の目隠しに

すりガラス調シートを貼っていきます。

 

入口と正面ガラスに営業時間をいれて

店舗の看板類一式がそろいました。

 

==============

お店のご紹介

熊本県荒尾市原万田716-3

「なな整骨院」様

☎0968-72-7300

==============

 

東区和白丘/国産・輸入工具店/アストロプロダクツ様

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のご紹介する店舗様は【アストロプロダクツ福岡東店】様です。

国産品、輸入品を扱う、工具店です。お店は居抜物件になり、写真の建物を生かして、これから看板がいろいろと付いていきます。

【施工前の外観】

ガラス面が多い建物でした。というより壁面はほぼ全てガラス面でした。という事は、この面にサインが取り付けられていくという事になります。あとは矢印付の自立看板があります。広告を出すことのできる箇所はかなりありました。

【施工中】

高所作業車での作業になりました。貼っているのはマーキングフィルムです。カッティングシートといわれるものです。1色ごとの色のついたフィルムを機械で好きな形に切って貼付けします。写真で貼っているのは黄色のシートです。つまり、黄色わ貼って、赤や黒を貼って、白い文字や黒い文字を順に貼っていくわけです。

印刷品(インクジェットシート)といわれるものは上記の各色が1枚のシールになっているものを言います。

マーキングフィルムのいいところは発色が良く、私のイメージですと、印刷品より色あせが少ないように思います。(場所によりますが)

【施工後】

この面に関してはガラスが網入りガラスだったので、直接マーキングフィルムを貼るのは断念しました。網入りガラスにフィルムを貼ると、中と外の温度差と伸縮の差でガラスにヒビが入る事があるようです。写真を見てわかるように、ターポリン幕(ビニール素材の幕)に印刷を施したものをロープで固定しました。台風等が心配に思われますが、長年の経験でそこは大丈夫です。

一気にずいぶん賑やかな写真になりましたね。今回、工事していた期間が梅雨の真っただ中で工事中の写真が撮れませんでした。(すみません)

 自立看板の電球交換と上の矢印の豆電球の交換をしている所です。実は、以外と既存看板を使う改修工事の際において、この電球交換がうまくいかな場合があります。それは、電気配線と電気の通電を一から調べないと、電球を交換しても光らないからです。古い看板はなおさら電気が生きているかわかりません。今回はしっかり調べてうまくいきました。

 今回はデザインやレイアウトは先方様の支給になり、私共は制作と設置をさせて頂きました。

看板の【色】についてですが、アストロプロダクツ様が取り扱っている工具や資材の【色】に近いものでデザインされているのではないかと思いました。この色合いを見ると、アストロプロダクツの工具を思い出す!みたいな、、。やはり、広告のブランドイメージは自分の取り扱っている商品やイメージカラーに寄せる事はすごく大事な事だと改めて感じました。

今回の工事とは別の話になりますが、お客様と話している中で、色やサイズ、デザイン、設置場所をよく話し合います。デザイン性と集客性は割と真逆の位置にあり、なかなか相いれないですが、なるべく、よいデザインと視認性、集客効果の御提案ができればいいなと考えています。その為には、数多くの看板と携わり、町のいいデザインや成功例を観察して、勉強しなければいけません。

より良いものをご提供できるよう日々努力してまいります!

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:アストロプロダクツ福岡東店
所在地:福岡県福岡市東区和白丘

 

シューズクラトミ小倉店様 看板リニューアル工事

皆さんこんにちは!

今日はこだわりの靴屋さん、

シューズクラトミ小倉店様の看板リニューアル工事です。

 

店舗は井筒屋本館のすぐ正面のバス停の前にあります。

本当に好立地で店舗前の一日の交通量もかなりのものと思われます。

 

こちらが施工前の店舗です。

 

 

とても良い立地なのですが、少し地味な感じがします。

シューズクラトミ様は上質なヨーロッパの靴を販売するお店ですから、

雰囲気づくりを重視しながらデザインすることを心がけました。

 

今回の看板のご提案のポイントです。

 

◆全体的に白っぽい印象なので、2階と左右の店舗の看板と

かぶってしまって目立たなくなっている。

↓  ↓  ↓

テーマカラーのグリーンを中心にした

高級感のあるデザイン変更をする。

 

◆ビルの2階以上の店舗入口が右側にあるが、

看板がそのうえまであるので、視線が分散し、

クラトミ様の店舗の入口が認識しにくい。

↓  ↓  ↓

お客様の視線を集め、入店の誘導口を作る。

 

以上を意識してご提案したデザインがこちらです。

 

 

全体の色をグリーンに金色の配色としました。

ドイツ国旗の色、「靴」の文字で商品構成を表しています。

●これがお店の雰囲気づくりとなります。

 

向かって左側の柱には、大切なお店のコンセプトである

シューフィッターによるカウンセリングをご案内しています。

●これはお店の特徴のご紹介です。

 

入口上部の看板左右に「靴」の文字の突き出し看板を

配置していますが、こちらは

店舗の前、進行方向のお客様にアピールすることが出来ます。

●これは往来の人からの見つけられやすさとなります。

 

店舗入口上部にテント、足元にオリジナルフロアマットを設置。

●これは入口の表示と入りやすさの仕掛けです。

 

 

 

看板を設置いたしました!

 

 

1)突き出し看板とデザインで往来の人から見つけてもらう。

2)近くまで来た人にお店のコンセプトと雰囲気をわかってもらう。

3)テントで入口を誘導してお客様の視線が2階に流れないようにする。

4)マットレスや手書き看板で入りやすくする。

これで、お客様を誘導する看板がそろいました!

 

このような看板を見てご来店されたお客様は

お店のコンセプトにあうお客様である可能性が高くなります。

 

お客様のニーズと、店舗オーナー様の想いのマッチング!

看板を設置する大きな目標です。

ニーズのマッチしたお客様はご来店満足度が高く、

リピーターになってくださる可能性も高まります。

 

お店のオーナー様からは、

「バスから見ている方と目が合うようになった」

とのお言葉をいただきました。

店舗ファサードが視線を集めているのですね。

 

シューズクラトミ様、この度はありがとうございました。

 

==========================

お店のご紹介

シューズクラトミ小倉店 様

「靴でお悩みありませんか?」

シューフィッターによるカウンセリング(足の計測と分析)と

お選びいただいた靴を自社工房の技術で最適化し、

お客様個別の足と靴の悩みに対応いたします。

とても歩きやすい上質なヨーロッパの「靴」専門店です。

http://kuratomi.info/

大濠本店もございます。

==========================

 

 

中央区大名/カフェ/CAT CAFE MEOW

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のご紹介する店舗様は【CAT CAFE MEOW】様です。

ねこ カフェ ニャーです。 MEOWはネコの鳴き声だそうです。 依頼内容はテナントビルの外壁2F部分に看板設置工事です。

【施工前の外観】

写真の中央の外壁に取付ます。大名はアパレル系のテナントビルがたくさんあります。その一角で、流行り(?)のネコカフェをOPENするそうです。私はあまりネコには詳しくありませんが、、。 ところ狭しと看板が連なっている大名ですが、どんな感じになるか楽しみです。           この写真は現場調査時の写真です。調査の際は、設置高さ、搬入位置、付近道路及び歩道幅、近くのコインパーキング、隣接するテナント様の店休日や営業時間等を調べます。工事日程や工事方法の計画を立てる為です。この調査をしないと工事当日にあたふたします。

【施工中】

何と!工事をする頃には外壁が改修工事されてて綺麗になってます。この写真は工事中の写真で、窓枠の下に取付を行うので壁の寸法を測っているところです。と同時に壁が何でできているか確かめて、取付方法を話し合います。今回はRC(コンクリート)でした。

こちらが今回設置する看板です。H600×W3300 本体はアルミ素材の30mm×30mmの角材です。その上にアルミ複合板3tを取付ています。最近は木材で作る事が少なくなってきました。いろんな材料が普及してきた事もありますが、何よりも木製より、アルミやスチールやステンレスの方が長くもつからでしょう。短期での設置の場合はもちろん木製でも作ります。

今回の看板の仕様は私も初めてたずさわりました。なんと表面に人工芝を取り付けています。もともと床面に設置するものだと思います。

本物の芝に見えます。すごいです!そしてその上にはステンレス製の切り文字を取り付けてあります。直接貼り付ける事が出来ないので、浮かせています。芝の上に良い感じで乗っているように見えます。もさもさの緑と白が和む配色で、みてても嫌にならないデザインとなりました。ふだん【板】の看板が多いのですごく新鮮でした。

この人工芝はロール状になっていて、アルミ複合板の上に両面テープとボンドとネジで固定しました。文字は表からピン(ボルト)を貫通させて、裏からナットで固定してあります。見た目通り、なかなか手の込んだ制作となりました。制作期間は1日間です。

取付ている最中です。私共からすると以外と重たい看板でした。ステンレスの切り文字の厚みが5mmあるのがその理由と思います。切り文字も厚み5mmとなると重厚感が出ます。

【施工後】

緑と白文字が立体的にみえて公園の芝生がそのまま看板になってるかのようでネコカフェにぴったりの広告になったと思います。取付方法は枠の上下に取付用のL型アングルを壁に取付て、そこに枠をはめこんで、これまた上下からネジ止めしておあります。

私たちはほぼ毎日何かしらの看板制作、設置を行っており、たぶん一般の方より広告を目にして、考える事が多いです。
車で道を走っている時もいろんなものを見ては、「これはどういう素材で作っているんだろう?」とか「どうやって取り付けたんだろう」とか「いいデザインだなぁ~」とか、日常的に考えます。今回のこの人工芝の仕様をいただいた時、「こんな事も出来るんだ!」とデザインや素材の自由度をあらためて感じました。
まだまだいろんな面白い素材で挑戦できる可能性がおおいにある事を実感しました。

ありがとうございました!

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:CAT CAFE MEOW
所在地:福岡県福岡市中央区大名

 

すずらん薬局 浅川台店さま看板改修工事~北九州市八幡西区浅川台~

みなさん、カンバンワ。

サインエフェクトの渕上です。

 

今月は「すずらん薬局 浅川台店」様の看板改修工事をご紹介いたします。

 

内科さんの横にある調剤薬局さんです。

上品な建物と看板になっていますが、ちょっと目立たない感じですね。

 

すずらん薬局様は今までにも別の店舗を工事させていただきましたが、

とてもさわやかなカラーリングとロゴマークをお持ちですので、

そちらのデザインにそろえてのご提案をさせていただきました。

 

デザインのご提案はこちらの記事です!

https://www.signeffect.co.jp/design-proposal/8571

すずらん浅川台様ご提案

それでは、工事に入ります。

壁面に取り付けるパネルサインは、

アルミ複合板にインクジェットシートを貼り仕上げてあります。

アルミ複合板とはプラスチック素材の表面に薄いアルミ板を貼り、

白色に焼き付け塗装した外装板で、軽く耐久性があり、

現在の看板表示面素材の主流となっているものです。

 

その表示面にインクジェット出力の塩ビシートを貼ります。

塩ビシートの表面にはUVラミネートを加工してあり

屋外での長期使用にも色落ちが少ないようになっています。

 

 

突き出し看板は電飾タイプです。

内部照明はLED仕様になっていますので、

蛍光灯のように数年で球切れしたりせず、明るいイメージを

長い間保つことができます。

 

隣の建物との境界ブロック塀にもパネルサインを設置して、

店舗前を通る車からの視認性が良くなりました。

 

正面と側面の上部パネル看板には

スポットライトを設置しています。

スポットライトと突き出し電飾看板は、

屋外にタイマーボックスを設置して自動的に点灯及び消灯します。

調剤薬局さんなので、夜間営業はありませんが、

夕方以降は看板類を点灯することによって、周辺が明るくなり、

店舗の知名度とイメージが上がっていきます。

冬場は夕方5時頃から点灯すると良いようです。

もちろん点灯する時間はタイマーでセットできます。

 

完成写真です。

頑張って工事したのですが、夕方になり写真が少し暗くなってしまいました!

 

今回の看板改修工事のポイントは、

 

●ひとめで見て薬局とわかるようにすること

→すずらん薬局の文字を大きく、ロゴとカラーリングを使用する。

 

●車の進行方向から見た場合の視認性をあげる

→隣地境界ブロック塀利用のパネルサイン、

電飾突き出し看板の設置

 

●地域への店舗の存在の浸透

→スポットライト設置し街灯のように地域に浸透していく

 

●業務内容のPR

→「保険薬局」「当薬局ではすべての病院の処方箋をうけつけます」

などの表示を入れたパネルサイン・窓ガラスラインなどの設置

 

このようなポイントを考えながら看板工事を進めていきました。

すずらん薬局さま、このたびはありがとうございました!

北九州市八幡西区/調剤薬局/すずらん薬局浅川台店様

ビフォーアフターの写真はこちらにもあります。

 

 

==============================

■お店のご紹介■

お薬と優しさで治したい。

すずらん薬局のファルマウニオングループ

【すずらん薬局 浅川台店】

Googleマップ
〒807-0875 北九州市八幡西区浅川台1丁目1-21
TEL.093-883-6872 FAX.093-883-6873

開局時間/ 月~水・金曜日 9:00~18:30、
木・土曜日 9:00~13:30

店休日/日・祭日、お盆、年末年始

================================

 

 

 

屋外広告業に必要な資格

今回は工事やデザイン、申請などに必要な資格をご紹介していきたいと思います。

看板業を営む際や工事デザインをする上で必要な資格や、あったら役に立つ資格があります。
無くても仕事はできるのですが大手ゼネコンのお仕事や役所に出す資料を作成するうえで必要になる資格もありますのでなるべくたくさんの資格を持っていた方が有利になりますし、お客様からの信頼も得られやすいです。

【屋外広告業・設計など】

○屋外広告士

私たちの業界の資格はこれしかないというくらいの資格です。看板屋であれば誰もがとってみようとしたことがあると思います。
うちの会社でも持っているひとがたくさんいます。
日広連が実施している資格制度で行政に出す「屋外広告物許可申請」を出す際や、屋外広告業の会社の業務主任者になることができます。
私も持っておりますが結構使う機会があります。

資格の試験もデザイン、施工、設計、法令などがあり、幅広い範囲の知識が必要となります。
看板屋でなければまず誰も取らないと思います。資格自体がマニアックで一般的な認知度がかなり低いので持っていても同業者にしかわかってもらえません。

○一級建築士

建築業界で最強の資格です。私たちの業界で持っている方はかなり少ないのではないかと思います。
上記の屋外広告士の資格がないと出せない書類もこれがあればすべてを網羅できます。
4mを超えるものを作る際には設計と強度計算に必ずこの資格が必要です。
看板を専門にしている建築士は少ないのでもし持っていたら仕事には困らないんじゃないかと思います。

その他にもカラーコーディネーターや色彩検定等デザイン系の資格も持っている方はいますが、これらはあまり活用できません。
お客様に話すときのネタぐらいにはなるかもしれないです。
中小企業診断士なども持っていたら営業の方は有利かもしれません。
しかしとても難しいので看板屋をするのであれば割に合わないかもしれません。

【施工・安全など】

工事関する資格はたくさんあります。
ゼネコンさんの現場に入る際はそれぞれの作業の資格が必ず必要です(ゼネコンさんではない現場でも必要ですが)。
看板屋は電気配線や高所作業、ゴンドラに乗ったり、ユニックを動かしたり等等…作業の範囲が広く法律上必要な資格が多いです。

○2級電気工事士

国家資格です。これがないと電気の配線はしてはいけません。

○施工管理技士(土木)

国家資格です。一級と二級で分かれていて難易度が全然違います。看板屋さんで持っている人は2級が多いです。

○高所作業車

技能講習で取れます。高所作業車で作業する時に必要です。

○小型移動式クレーン

技能講習で取れます。ユニック車の操作ができます。

○玉掛け

小型移動式とセットです。荷を釣るときに必要です。

○ゴンドラ操作者

ビルの屋上等のゴンドラで作業する時に必要です。

○あと施工アンカー

公式な資格ではないので必要ではないですが、いわゆるあと施工アンカーを打って何かを取付するときに必要な場合があります。

○手溶接(アーク、ガス)

技能講習で取れます。溶接をするときに必要です。

○有機溶剤作業主任者

技能講習で取れます。シートなどを貼る前にプライマーを塗ったりするのですが、溶剤系のプライマーを使うときに必要です。

○職長、安全衛生責任者

技能講習で取れます。建設現場では必ず必要になってきます。

○中型免許(自動車)

30才以上の人は意識したことがないかもしれませんが、最近の普通免許(車の免許)は中型車が運転できなくなっており、うちの会社の若い工事の人は大きな車が運転できません…高所作業車やユニック車など大きな車は大体アウトです。
気づかず無免許で乗ってしまうと免許取り消しになるので注意が必要です。

施工に関してはたくさんの資格がありますが、持っているかどうかで仕事が制限されるのでなるべく持っておきたいものです。

 

早良区/医院(内科)/干隈すみれ内科クリニック

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のご紹介する店舗様は【干隈すみれ内科クリニック】様です。

鹿野内科医院という院名から、干隈すみれ内科クリニックに変わる際の看板の意匠変更工事で、今回、設置場所を含むところから、ご提案をさせて頂きました。

【施工前の外観】がこちらです。

白の塗装が施されたばかりの壁面で、まだ何もない状態です。この段階でサイン設置をどのようにするか、先方様と計画を立てていきました。自立看板を敷地内の建てる等いろいろ案がありましたが、最終的には、壁面に立体文字を設置する事になりました。ステンレス製の箱文字で表面と側面に塗装仕上げになっている看板です。

【施工中】

文字を取り付ける為の原寸原稿を壁に仮で貼付けします。この原稿には文字を取付る

為の位置が記されており、その位置に対して壁に穴をあけていきます。割と地道な作業です。

その為、特別風が強い日や雨の日は作業ができません。もうすぐ、梅雨の時期にはいりますので

工事工程が大変になります。


高所作業車を使っての工事となります。今回は敷地内で作業をする事が出来ました。

歩道や車道にはみ出る場合は道路使用許可申請を行わなければいけません。

管轄の警察署に作業計画図を提出して許可を受けないと工事をする事が出来ません。

【施工後】

白い壁に紫とダークグレーの文字が映えます。やはり看板が付くと外観が一気にお店(この場合は医院)らしくなりますね。年中無休、雨の日も、風の日も、雪の日も、晴天の日も、無言で不特定多数に宣伝する看板はオーナー様の分身であり、思いであり、その費用対効果は計り知れない

ものがあるとあらためて思いました。

マークと院名の箱文字です。文字の厚みは20mm程度です。今回は2箇所(2面)に設置しました。周りの道路からの視認性と来る患者さんの導線を考慮して、設置面と位置が決まりました。先程言いました、自立看板の設置計画もありましたが、壁面を有効的に使う事で、各方向からクリニックがわかるようになりました。自立看板はインパクトがありますが、入り組んだ道路事情では効果を発揮しない場合があります。

続いてはクリニックの入口周りです。

【施工前】

写真右に入口の自動扉があります。その横にある壁面に設置しました。

【施工後】

マークは実は、丸い透明アクリル板に紫色のシートが貼ってあります。それを壁面から浮かせて設置してあります。下の楕円形はステンレスの板にシートを貼って、これもまた壁面から浮かせて設置してあります。住宅でいうところの表札に値する看板で、館銘板と呼んだりします。

 

続いては、院内の受付の後ろのサインになります。

【施工前】

私共は、カウンターバックサインと呼んでおり、受付空間を彩るオシャレな看板としてのイメージがあります。ダウンライト(天井にある照明)もあり、主役の登場といったところでしょうか。

【施工後】

オシャレです!ブランドロゴそのものといった感じですね。

この場所に関しては、外壁とは違う色が採用されました。

素材自体が真鍮で、特殊な表面加工が施されています。少し古風なニュアンスの加工です。

ゴールドですが、ピカピカはしていません。取付る為に、タイル面に小さな穴を空けて、文字やマークを一つずつ取り付けていく訳ですが、その穴開けが大変な作業になります。専用の穴あけドリルを使ってゆっくり時間をかけて、タイルが割れないように工事します。

以上、今回は文字取付の多い工事でしたが、今は技術や工具が進化しており、取付られない壁はほとんど無いと思います。これからもお客様が取付したい場所に安全に適正に設置できるよう頑張っていこうと思います。

今回ご紹介したお店の情報

医院名:干隈すみれ内科クリニック
所在地:福岡県福岡市早良区干隈

 

屋外広告にまつわる申請・許可

今回は看板にまつわる行政に出す申請・許可をまとめてご紹介したいと思います。

看板を出す際に必要になるかもしれない申請・許可は大まかに3つあります。

①屋外広告物許可(申請)

②道路占用許可(申請)

③工作物確認申請

それぞれに出さなくてはならない場合と出さなくても良い場合がありますのでそれぞれ説明いたします。

その他弊社でもあまり出すことはないですが

・防火地域内に設置するとき:看板等の防火措置

・地区計画区域内で届け出対象となるとき:行為の届出

・アドバルーンを設置するとき:水素ガスを充てんする気球の設置届出

・ネオン管設備を設置するとき:ネオン管設備設置届出

・風致地区域内に設置するとき:風致地区内許可申請書

等があり、自治体によっても違う場合があります。

【屋外広告物許可申請】

屋外広告物というのが(屋外に設置する)看板のことです。各自治体が条例に基づいて許可基準を設けております。福岡市の場合だと合計の面積が10㎡以上の場合だと許可申請を出す必要があります(禁止地域以外)。計画段階(施工に入る前)に市に対して事前相談をして許可申請を出します、許可がおりてから工事が可能になります。

京都市や奈良市は基準がとても厳しく注意が必要です。色に関する規制や高さ、面積等が地域ごとにがちがちの基準があります。福岡市でも景観形成地区として百道周辺やアイランドシティ、御供所町などで厳しい規制が入っています。

基準を守っていない看板は違反広告物となり行政から是正の指導が入ります。従わない場合は罰金や罰則があります。せっかく付けたものが違反広告物だと悲しいですよね…

工事業者も「屋外広告業の登録」をしてないとその地域で工事をしてはいけません。弊社も工事をする自治体にはすべて業者登録をしています。業者に依頼して工事をする際にはぜひ確認をしてみてください。

屋外広告物許可は申請の手数料がかかり、更新のたびにお金がかかるので現状、許可申請を出していない看板も多数あります。しかし近年のコンプライアンスの遵守という世の中の流れと行政の指導で許可申請を出す割合はかなり上がってきております。

許可申請を出すか出さないかを決めるのはオーナー様なので弊社でも「出さない」といわれると出しません…が業者として必ず説明するようにしております。

許可申請を出す際に「管理者」を設置しないといけません、小さい看板等ではだれがなっても良いのですが、大きなものでは資格者でないと管理者になれない場合があります。建築士や屋外広告士の資格が必要になります。資格者のいない業者に依頼すると施工したとしても管理者になれないのでご注意ください。

すでに設置されている看板で申請を出していない場合でも、(基準を満たしていれば)許可申請を出せますので、お気軽にご相談ください。新規・継続申請の代行も行っております。

【②道路占用許可申請】

突出し看板などで道路や歩道にはみ出す場合、道路占用許可申請が必要です。工事の際に道路占用許可を警察から出してもらい、道路を管轄する行政に道路占用許可申請を出します。(国道なら国土交通省など)

こちらも屋外広告物申請と同様手数料がかかり、更新のたびに毎年手数料がかかります。この許可がおりていないと屋外広告物の申請ができない場合もあります。

【③工作物確認申請】

高さが4メートル以上の看板は工作物扱いになり、建築基準が適用されます。地盤調査から、一級建築士による強度計算、図面作成して確認申請を出します。こちらは作ってしまった後から申請は絶対にできません、もし行政から指摘があると違法建築物となり罰則を受けます。4メートルを超える場合はこの工作物確認済証がないと屋外広告物の申請ができません。

看板にもいろいろな申請が必要です。面倒ですがちゃんとしていないといけないことなので弊社でもきちんと取り組んでいきたいと思います。有資格者(屋外広告士)も何人かおりますのでお悩みなどありましたらお気軽にご相談ください。

 

はこざき公園内科医院さま 塔屋チャンネル文字サイン工事~東区~

みなさん、こんにちは。

今回はちょっと前の施工になりますが、

はこざき公園内科医院さまの塔屋に設置したチャンネル文字サインを

ご紹介いたします。

看板設置前の建物です。

 

 

 

 

 

 

 

ファサード部分に美しい陶板を配した大変立派な建物です。

このような美しい建物に看板を設置させていただくのは緊張します。

デザイン段階から素材や設置用金物は良いものを使い、

耐久性と美しさを意識して企画いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ設置です。

塔屋に設置するため、足場を設置して作業を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塔屋部分の裏側です。

取付金物やボルトナットまで溶融亜鉛メッキ品を使い、

耐久性と強度を高めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEDを内蔵したステンレスチャンネル文字です。

夜間は文字が浮かび上がって光ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

国道3号線側の文字サインです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物がとても大きいため、

文字サインが小さくみえてしまいますが、

都市高速松島インター入口からキラリと光って見えます!

 

お近くをお通りの際にはこのサインを探してみてください。

 

=============================

医療法人 祥知会

はこざき公園内科医院

〒813-0062

福岡市東区松島3丁目11-30

TEL:092-624-3541

http://hakozaki-park.sakura.ne.jp/index.htm

=============================

 

 

城南区/リフォーム、内装/株式会社アシスト様

皆さん、こんにちは。小嶋です。

今回のお店は【株式会社アシスト】様です。

福岡市城南区樋井川にある内装、リフォームが専門の会社様です。

ご依頼内容は看板を含む事務所の外装装飾です。簡単に言うと

イメージアップとでも言いましょうか、、。下記の写真が施工前です。

     【施工前】

企業名の看板が正面についていない事がわかると思います。手前の1柱式袖看板(ポール看板)

も経年劣化で色が落ち古く感じます。リフォームする会社として、自社の建物がきれいでないと

いけないのでは?という事で話をもらい、サインプランを担当者様と考えていきました。

【ポールサイン改修】

初めに改修内容で上がったのはこのポールサインです。

既存と同サイズでLED内照式に交換しました。

そして次に建物正面のガラス面を目隠しや衣装シートでまとめようというものです。

【ウィンドウフィルム】

部屋の中にカーテンがあり、分かりにくいかもしれませんが白のグラデーションのフィルムを貼ってあります。ガラスの下に行くほど白く、上に行くほど透明になっていくフィルムです。次は、、

【壁面装飾シート】

リフォーム屋さんをイメージした、建物を並べたかわいい装飾です。イメージアップに一役買います。次はメインである壁面の社名看板です。

【SUS 箱文字】

箱文字は厚みがありメイン看板にぴったりです。側面(小口)の色は壁と同色にしました。

同色にする事によって文字がより壁から浮き出てくるように見えます。

【工事完了】

外壁の白と緑とオレンジの塗装もしておりよりきれいな事務所が誕生したと思います。

外壁とサインがマッチできた良い例だと言えます。外壁にも目を向けるとより建物のイメージがアップするんだな、と私も勉強になりました。

今回ご紹介したお店の情報

企業名:株式会社アシスト
所在地:福岡県福岡市城南区樋井川

 

1 / 41234

 

サイン・エフェクト株式会社
〒815-0075 福岡市南区長丘5丁目25-12 
TEL:092-408-7771 FAX:092-408-7772

建設業 福岡県知事(般-20)第98249号(鋼構造物工事業)
建設業 福岡県知事(般-22)第98249号(内装仕上工事業)

Copyright(c) 2010-2018 Signeffect Corporation Co.,Ltd Allright Reserved.