繁盛看板日記

記事一覧へ戻る

南区玉川町・不動産のタケショウ住宅様

皆さん、こんにちは。 担当の渕上です。

第2回目の繁盛店は福岡市中央区にある「不動産のタケショウ住宅」様です。

タケショウ住宅様は創業昭和53年と長い歴史をもつ不動産会社で、

福岡市南区向野で深く地域に根付き愛されてきた会社様です。


移転前の店舗です。南区九州中央病院前の交差点に古くからありますので、

見覚えのあるかたも多くいらっしゃると思います。

この度、同じ南区内ですが1キロほど天神よりの場所に移転されることになりました。

移転先も日赤通り沿いの好立地、張り切って看板のご提案をいたしました!

旧店舗はカメさんのロゴがかわいいですが、今回は違った雰囲気のデザインでの企画となりました。

まずは移転先の店舗を採寸させていただきます。

【移転先の施工前店舗】

ビルの一階にある美容院さんのあとに移転されるということです。

ビルも店舗もまだ新しく、入口ガラス窓と軒上の雨よけは生かしながら、

看板の企画を進めていきました。

 

 

 

【デザインのご提案】

デザイン案(A)

入口上部のファサードサインはアルミ開閉式の内照看板、光源はLEDです。

ガラス面は不動産屋さんらしくシンプルなラインでまとめました。

 

デザイン案(B)

 

タケショウ住宅社長様の奥様からのご希望で木製ルーバーにステンレス文字のハイグレードな

ファサードサインをご提案いたしました。

金額面も含めデザインの検討をしていただいた結果、

(B)案をご採用いただき、さらに窓デザインやスポットライトなどを

しっかり詰めて打合せさせていただきました。

 

【施工前】

美容院の店舗でした。

【施工後】

木製ルーバーに見える部分はアルミ材を木目に塗装仕上げしたものです。

細いルーバーで繊細なデザインに仕上げたかったため

そりの出やすい木材ではなくアルミ素材を採用しました。

また、耐久性も抜群なので、社歴の長いタケショウ住宅様にぴったりですね。

そのルーバーの上に「チャンネル文字」とよばれるステンレスの立体文字で

社名とロゴを取り付けています。

照明は立体感を生かすように左右からLEDスポットライトを設置しました。

 

 


ステンレスチャンネル文字はヘアライン仕上げで上品な感じに仕上げました。

 

 


入口ドアと全面の窓ガラスは「福岡市」をイメージさせるデザインラインを貼りました。

下半分はすりガラス調のシート貼で明るさを損なわず、目隠しをしています。

【施工中】

安全に留意し、丁寧な施工をいたします。


看板本体は金物を壁に取り付けてから建物に取り付けますが、

建物を傷つけないように金物にはフェルトのクッションを付けておきます。

見えないところも丁寧に、実は当社のこだわりなのです。

 

今後も大切なお客様のお店に貢献出来る看板づくりを目指してまいります。

 

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:不動産のタケショウ住宅
所在地:福岡市南区玉川町17-6 セレーノ高宮1F
お問い合わせ:092-511-7564 FAX092-512-9626
営業時間:平日  9:30~18:00
土  10:00~15:00
定休日:日・祝

【お客様へのメッセージ】
タケショウ住宅はいつも人が中心です。

 

サイン・エフェクト株式会社
〒815-0075 福岡市南区長丘5丁目25-12 
TEL:092-408-7771 FAX:092-408-7772

建設業 福岡県知事(般-20)第98249号(鋼構造物工事業)
建設業 福岡県知事(般-22)第98249号(内装仕上工事業)

Copyright(c) 2010-2019 Signeffect Corporation Co.,Ltd Allright Reserved.