繁盛看板日記

記事一覧へ戻る

中央地行浜/アメリカンステーキハウス/デンバープレミアム様

皆さん、こんばんは。小嶋です。

今回のご紹介する店舗様は【アメリカンステーキハウスデンバープレミアム】様です。

全国的に展開されているお店で、今回11/21にグランドオープンした”マークイズ福岡ももち”の中に出店しております。今回の工事に関しては、私共は下請け業者として末端に位置し、提案等はせず、図面と制作データ通りに制作して設置を行ったものです。打合せから設置完了まで1か月程度かかりました。大きいショッピングモールなので致し方ないところでございます。

では、工事前の写真です。

【工事前】

厨房機器も入っており、内装がほぼ完了している状況です。あとは看板を残すのみ!というところですね。

この大きな鏡にカッティングシートを貼ります。フレームに収まりきれないぐらい横長い鏡でした。

いろいろ貼っているように見えますが、シートの色数は2色です。ゴールドと黒です。カッティングシートは印刷と違い、文字や絵が1枚1枚分かれているので【シート切り文字】と呼びます。

一方、印刷は1枚の紙に印刷がしてあるので、この鏡に貼るとなると1枚のシールを全面に貼る事になります。(わかりづらくてすみません、、)

最近の印刷機もかなり発色(色艶)がいいですが、やはりまだまだカッティングシートの方が、こういう場合には向てます。  次に、、

客席の隔たりにあるガラスが見えますでしょうか?間仕切りのガラスです。こういうところにも意匠を施していくんですねぇ~。カフェやレストランでよく見かけます。

 

 

白い文字がたくさん貼られているように見えますが、これは先程と違って印刷品を貼ってます。

1枚のガラスに1枚のシールを貼ってます。透明の糊付の紙に白い文字を印刷してます。

 

 

そして、メインとなる看板を付けていく訳ですが、ショッピングモール内のテナントで見かける、入口の真上につく看板です。

いざっ!

バックライトチャンネル文字です!  いいですねぇ~。 文字の背面から発光しており、文字を浮かして取付ています。

最初の申しました通り、デンバープレミアム様は全国的に展開されていますので、サインの意匠が

ある程度決まっていると思われます。お店の雰囲気も洗練されています。内装と色とサインの意匠がばっちり合っています。

まだ他にシートを貼った箇所を紹介します。

こういう足元にも貼ります。確かに目立たないかもしれませんが、全体でみると、あるのとないのでは統一感や、サインの密度で差が出ると私は思います。デザイナーさんや設計の方たちや、いろんな人が関わってデザインされたんだと思います。

今回は制作設置でしたが、お店作りのレイアウトや印刷とシートの使い分け等、勉強になる事がたくさんありました。あらためて、看板はお店の雰囲気やイメージを決定付けるものだなと感じました。

どうもありがとうございました!

今回ご紹介したお店の情報

店舗名:アメリカンステーキハウス デンバープレミアム
所在地:マークイズ福岡ももち内

 

サイン・エフェクト株式会社
〒815-0075 福岡市南区長丘5丁目25-12 
TEL:092-408-7771 FAX:092-408-7772

建設業 福岡県知事(般-20)第98249号(鋼構造物工事業)
建設業 福岡県知事(般-22)第98249号(内装仕上工事業)

Copyright(c) 2010-2019 Signeffect Corporation Co.,Ltd Allright Reserved.