福岡市南区和田1丁目/訪問介護・訪問看護/セントケア九州株式会社 様    

繁盛看板日記

福岡市南区和田1丁目/訪問介護・訪問看護/セントケア九州株式会社 様    

皆様、こんばんは。今回ご紹介するサイン工事は、【セントケア九州株式会社】様です。

福岡市南区に事業所を設けるとの事で、看板製作設置の依頼をいただきました。

会社ロゴマーク等は支給していただき、軒面とガラス面の配置等レイアウトさせて頂きました。

調査写真がこちらです。

お隣のオレンジの看板のように軒に設置するイメージです。

見ての通り、看板は上下でしか固定できないですね、、。

設置の写真です。

仕様としましてはアルミ材30×30の角パイプ枠を壁面に設置して、その上からアルミ複合板3tを貼付けています。

3㎝厚の看板が壁にくっついてるような感じです。

ガラス面に関しては、外から事務所内があまり見えないようにとの要望でしたので、スリガラス調のシートを目線の設定しました。

左面は印刷品を使って、看板と目隠しを兼ねてます。

ガラス2枚にまたがって文章や会社名をレイアウトする場合があるので、調査時にガラスとガラスの間のサッシもちゃんと採寸します。

完成でしました。

製作期間でおよそ10日間。設置が1日です。

ご担当者様、ありがとうございました!

こういったテナント物件の看板設置でよくでてくる話で、、【撤退後の現状復旧】というものがあります。

テナントを解約する際、看板撤去をしなくてはなりません。

テナント側が撤去費用を負担する場合は、撤去後の壁の補修や塗装等、手間や費用を省きたいという訳です。

私共は基本的に常設の取付をメインとしていますので、看板が落ちないように設置する事が大事だと考えています。

強固に取り付けるという事は、撤去した際、壁にボンドの跡やテープの跡や穴が残りやすいという事です。

が、、看板が落ちて人が怪我等するよりは、、、。

現状復旧の相談を受けた場合、できる限り最小限の設置方法を提案する事はできますが、基本は台風でも飛んでいかないのが理想です。

看板にはいろんな種類があり、設置する壁も様々です。

適材適所で安全に工事を行って参ります!!

福岡市南区和田 / セントケア九州株式会社 様

センチュリー21公式サプライヤーの看板製作実績はこちら

前のページへ
福岡市博多区那珂/不動産売買・賃貸・管理・新築/株式会社みずほ不動産 様    
関連記事